FC2ブログ

ドイツ・ザイフェンの木のおもちゃのトリコ seiffen

06/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./08

ザイフェンの歩き方 その9 ビンメルバーン

IMG_1496.jpg
ビンメルバーンBimmelBahn 観光列車。なんだか、朝日に光り輝いているように
見えますが午後3時です。

冬の間、雪が積もって運休になることが多かったので、これまで機会が無く今回初。
ちょっと気恥ずかしい車体ですが、大人もたくさん乗ってることだし(お年よりが多かった)
子ども向けと言うわけでもなさそう。

IMG_1684.jpg
出発地点は、おもちゃ博物館の横。次回の出発時間は、掲示板に書かれています。
(月曜日11時ですね)

通常なら、おもちゃ博物館からぐるっと遠回りして野外博物館へ行くコースなのですが
この日はコース変更。

何だか「カテリーナベルクへ」と書いてありますが、ドコかよく分からないまま
まぁ最終的には、ここに戻ってくるんだろうから大丈夫、と乗ることにしました。
料金は出発前に、運転手さんが席に集めに回ります。
「片道?往復?」と聞かれ「当然、往復!」と返事。
大人8ユーロ、子ども4ユーロでした。

IMG_2066.jpg
まずは、おもちゃのモチーフにも度々登場しクリスマス関連でも定番の教会の
横を通り抜け

IMG_2080.jpg
おお~っ!この木の渋い色合いには見覚えがある。
この家は、もしや!

ずっと気になってたウォルフガング・グロックナーさんの工房でした。
教会からちょっと進んだ道沿いにあります。後で絶対訪ねよう!とチェック。

IMG_1504.jpg
そして、部屋作りのマイスター、グンターフラットさんの工房。

しばらく行くと、くるみ割りの老舗フォルカー・フュヒトナーさんの工房を通り過ぎます。


IMG_1505.jpg
のんびりのんびり、時々チリンチリン♪とベルを鳴らしながら進みます。
人が居ると、必ず手を振ってくれるのでちょっと嬉しかったり恥ずかしかったり。

普通の車でビューンと走りすぎるのでは、気づかないような景色も
このスピードなら充分満喫できます。

IMG_1587.jpg
そして山の中の細道をクネクネ走り、チェコとの国境にやって来ました。
このまま、チェコに入ります。

え?こんなに簡単に国境って越えていいもの?入国審査は?パスポートは?と
拍子抜け。

IMG_1563.jpg
着いた先は、チェコ側の国境の村の教会でした。
普段は開けていないらしく、かなり寂れた雰囲気。
でも、この尖塔アーチの形はザイフェンの教会と共通するものがある印象。
ここもプロテスタントの教会と言うことでした。

ちょっと降りて教会内部見学。
同じ道をたどって、2時間後おもちゃ博物館着。

歩いてはいけない距離だったので、この日のBimmelbahnのコース変更は
かなりラッキーでした。こんなことでもない限り、チェコとの国境まで行く機会も
無かっただろうし。

とりあえずBimmelbahnはGJ!オススメです。




ドイツ・ザイフェンの木のおもちゃ
スポンサーサイト



category: ザイフェン村について

thread: ホビー・おもちゃ

janre: 趣味・実用

[edit]

page top

« ザイフェンの歩き方 その10 自転車レース  |  ザイフェンの歩き方 その8 建ち並ぶおもちゃ屋さん »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://seiffen.blog5.fc2.com/tb.php/135-4766ed44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top