FC2ブログ

ドイツのクリスマス雑貨ザイフェン

05/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: -- | comment: --
page top

うさぎ占い

IMG_5266.jpg
うさぎ占いと言うものがあるそうです。

今日、ちらっと見た雑誌の中のコラムにて発見。

常々「うさぎ」という字には、敏感に反応してしまい
一時期「うなぎ偽装事件」の時は、新聞や週刊誌、テレビニュースの
タイトルが、どれもこれも「うさぎ偽装」に
見えてしまってこまりました。

これは、うさぎさん飼いの人に共通することらしいですが。

トルコでは道端に、カートや木箱の上に数匹の
うさぎさんをのせて商う「うさぎ占いおじさん」が居るそう。

うさぎさんに、複数の紙片の中から一つ選ばせ
書いてある内容が占いの結果だとか。
ウサギ占いの様子

いゃ~ん。萌え死にそう。
「自分の行いを悔い改めなさい」なんて出たら
「ハイハイ仰せのとおりに」とか言ってしまいます。


画像は「白うさぎファミリー
ちょっと占ってもらいましょ。


ドイツ・ザイフェンの木のおもちゃ
スポンサーサイト

category: うさぎさん

thread: うさぎ

janre: ペット

[edit]

page top

ブタは牧草を食べるのか?

IMG_5253.jpg
「お母さ~ん、おなかすいた」
「ああ、そうね。じゃ食べるもの探しに行きましょ」

IMG_5254_20090629133821.jpg

野を越え山越え。

「あら~空っぽ。ザンネン」

IMG_5255.jpg

「あった!」「わーい牧草だぁ~」

IMG_5256.jpg

「ふぅ~食った食った。ゲプ」

IMG_5259.jpg

「もう動けない・・・」


ブタが雑食ということは知ってはいたのですが、牧草は
食べるのかな?と思ってwikiを見てみて笑った。以下参照。

「ブタが豚舎等から逃げ出し野生化すると、全身に剛い毛が生え、
牙が伸び、先祖返りしてイノシシ化することがある。」

すげー。ブタすご過ぎw
で、結局牧草は食べるのかどうかは不明です。

画像は、仕入れても仕入れてもすぐに売り切れる隠れた人気商品
ミニブタファミリー



ドイツ・ザイフェンの木のおもちゃ

category: 作品・工房紹介

thread: 雑貨

janre: 趣味・実用

[edit]

page top

ギュンターライヒェルの天使

IMG_5098.jpg
子どもが可愛らしいのって、何歳くらいまでなんでしょ?

いや、中学生になっても高校生になっても
我が子は可愛いですが、もう決して「可愛らしい」ではありません。

うっとり寝顔やしぐさを眺めて時間を忘れたのは、やはり
乳児期までかなぁ。

すっかり背丈も追い越され、
今や、じっと見ようものなら「何?何か文句でもあるん?」もしくは
「ジロジロ見んなー!」と言われ、口を開けば「晩ごはんナニ?」と
ご飯の催促。

あああ、可愛らしかったあの子はドコに・・・。

それでもまぁ、こんな自分のやりたいことに忙しく
あまり育児に熱心とはいえない私の元でも、どの子も
なかなか面白いヤツに育ってきたなぁと自画自賛気味では
あるのですが。

ギュンター・ライヒェルの天使たちの新着分、6種類を shop
アップしながら、ツラツラと。

画像は、ギュンター・ライヒェル工房「天使と男の子の赤ちゃん」
出産のプレゼントに人気です(ピンクの服を着た女の子もあります)



ドイツ・ザイフェンの木のおもちゃ

category: 作品・工房紹介

thread: インテリア・雑貨

janre: 趣味・実用

[edit]

page top

すいかと雪だるま

IMG_5088.jpg
直径30cmはあろうか?というリッパなスイカを
いただきました。

我が家は、カブトムシ並みに夏はスイカが必需品!な男達が
複数いるので皆、大喜びです。
(私は、まぁ特に好物というわけでもなくほどほどに)

しかし冷やそうにも、そもそも冷蔵庫に入らないサイズ。
他のものを移動させ、あるいはおなかの中に詰め込み
やっとこさ冷やす準備が整い。

これから、夏に向かって冷蔵庫の中も不測の事態
(すいかが来るとかの)に備え余裕を持たせておかなくちゃ。

そして、すいかと雪だるまの煙だしとサンタとクリスマスツリーが
一同に集結する空間。

いくら、おもちゃ屋進行スケジュールと言えども
季節感なさ過ぎにもほどがある。画像撮影をサクサク進めねば。


画像は、「煙り出し雪だるまウサギと一緒」
フォルカー・ツェンカー工房の一部。
やっぱり、どうしてもうさぎさんから離れられません。



ドイツ・ザイフェンの木のおもちゃ

category: 日記

thread: インテリア・雑貨

janre: 趣味・実用

[edit]

page top

麦つながり

DSC00617.jpg
先日、ストロースターのキットをお送りしたお客様からのメール。

曰く、「子どもの通っている小学校では毎年麦を育てています。
一年生は麦穂の絵を描き、二年生は麦茶を作り、三年生は麦わらで
ほたるカゴを作ります。

私も保護者向けの講座で、先日ほたるカゴを作り、
そのときに余った麦わらを一抱え貰って帰宅しました。
ほたるカゴはストローの上1~2節を使います。つまり、下のほうの
ストローは余ってしまうのです。何かに使えないかなと思い、
インターネットで調べていたところ・・・」

麦を育てている学校があるなんて!お米はよく聞くけれど・・・。

麦茶を作り、ほたるカゴなんて昔懐かしい日本の文化(というほどでも無いのか)に
触れ、保護者の方が同じように体験し残った藁の活用方法を考え
ストロースターに出会い。

なんか、世の中はつながっているなぁと
(大げさかも知れないけれど)感じたのでした。

商品が売れてくれることは、もちろん嬉しい。
でも、この感じ。言い表しにくいんだけど、もっと嬉しい~♪


画像は
ドイツ・ドレスデンのインターシティホテルの朝食バイキングのパン。
麦つながり、ということで(ムリヤリすぎ・・・笑)




ドイツ・ザイフェンの木のおもちゃ

category: 日記

thread: ♪♪生活を楽しむ♪♪

janre: 趣味・実用

[edit]

page top

たまごの次はお花

IMG_5086.jpg
急げや!急げ!
お花の注文は、新鮮さが命。

IMG_5084.jpg
え?今度はカゴ屋さん?


IMG_5082.jpg

あれこれ入荷してきて、写真の撮影やら在庫置き場の確保やら。

撮影しながらも、つい遊んでしまうのでなかなか仕事がはかどりません。

小さいかごがあったので、注文してみました。
イースターのたまごを運んでいたうさぎさんは、たまごのカゴの代わりに
お花を入れたカゴを持たせると、花キューピットのうさぎさんに
なります。

こういう組み合わせを色々考えるのも、また楽しいんですよね~。


画像は急げや急げ!ライヒセンリングのお花、カゴ3種(近日、サイトにアップします)



ドイツ・ザイフェンの木のおもちゃ

category: うさぎさん

thread: インテリア・雑貨

janre: 趣味・実用

[edit]

page top

エアコンはうさこのため?

IMG_5034.jpg
暑い!

雨が降るのかと思えば、晴れるし
晴れても蒸し蒸し状態だしで、辛抱強く無い私は
「試運転~」とばかりにエアコンをつけました。

子ども達の学校も、もう使ってるって言ってたし
今日は最高気温30度だし、と色々言い訳しつつ。

まだ早いかな?電気代が・・・と思いながらも、一気に涼しい天国部屋へ。

良いの。だってうさこも暑い!って言ってるも~ん(笑)



ドイツ・ザイフェンの木のおもちゃ

category: 日記

thread: うさぎ

janre: ペット

[edit]

page top

お手紙

IMG_5030.jpg
白やぎさんから、お手紙着いた~♪

手紙を書くのって楽しいです。勿論、貰うのも好きですが。

捨てられなくて、何年も持ってて時々読み返したり出来るのは
やはり手紙ならでは。
あ、メールも大事に保存してるもの多数です。

商品をお買い上げいただいた方に、ちょこっと
一筆箋に3行くらい、お礼のお手紙をつけているのですが
「これって、ネット通販の時代にアナログ過ぎかなぁ?」と
思いつつ、まぁでも苦情も来て無いから良いかな?と。
(ご迷惑な方、遠慮なくおっしゃってくださいねー!)

季節の便箋などを、あれこれ探すのも楽しい。

字を覚えたての、5,6歳の頃の子どもからのお手紙が
本棚や引き出しの隅から、ぽろっと出てくるのにも笑わせられます。

「おかあさん、たんじうびにおもちかてね」って、何の暗号だよー!
(正解、誕生日におもちゃ買ってね、でした。お餅じゃないのね)

画像はギュンターライヒェルの天使シリーズ。
手紙を書く天使(mit Brief schriebend)
来週くらいから、ぼちぼちshopに出していきます。




ドイツ・ザイフェンの木のおもちゃ

category: 日記

thread: ♪♪生活を楽しむ♪♪

janre: 趣味・実用

[edit]

page top

水不足

IMG_5012.jpg
以前、どこかで見かけた私の住んでいる県のイメージ。

「夏になると水が無いと騒ぐ県」だって。
ちょっと笑いかけたけど、笑えません。ホントのことだもん。

そして、今年も梅雨時期というのに
やはり、雨は一向に降らず。

「一雨ごとにアジサイが色濃くなって」じゃなくて
毎日の水やり(当然、水道水ではなく井戸水!)の結果です。
IMG_5013.jpg

アジサイって、花びらの中心にも、もう一つ開くところが
あるのはご存知ですか?
って、私も今日写真を撮ってみて始めて気づいたんですが。

この上下のアジサイ、中心部が微妙に違います。

IMG_5014.jpg

IMG_5015.jpg
毎年、この時期だけアジサイが欲しくなります。

というわけで、今日は実家母ガーデニング成果などを披露。
観葉植物ですら、枯らしてしまう私とは違います・・・。

IMG_5016.jpg

IMG_5018.jpg

IMG_5019.jpg

IMG_5023.jpg

IMG_5028.jpg

IMG_5027.jpg


一体何種類くらいあるんだろう?
私が、枯らしかけた鉢植えもココに持ってきたら、たちどころに
生き返り、翌年は見事な花を咲かせたりして、ちょっと悔しい(笑)

うーむ。私に足りないのは・・・植物に対する愛?




ドイツ・ザイフェンの木のおもちゃ

category: 日記

thread: ガーデニング

janre: 趣味・実用

[edit]

page top

観葉植物

IMG_5010.jpg
観葉植物が好きです。
もう、ずっと前から。

気が向いてはあれこれ購入するのですが
生来の無精モノゆえ枯らせてしまうことも、しばしば。

何とか生き残るのは、ポトスやアイビーなど
水さえやっときゃ何とかなるものばかり。

このスパティフィラムは丈夫そう。
時々咲く白い花も、夏に向けて涼しそうでいい感じだし。

ハイドロカルチャーという、土ではなくて素焼きの粒のようなものに
植え込んであり、外側から水の量が見えて手入れが簡単かな?と。

で、リビングのチェストの上に飾ったとたん
「え?何コレ?うさこのウンチに植えてある~ギャハハハ~(笑)」だって。

そりゃまぁ、色も形もそっくりだけどさー。

・・・もう、それにしか見えない。ショボーン。

画像は、スパティフィラムのハイドロカルチャー植えと
去年のクリスマス時期、真っ先に売れていった煙り出しキノコ
再入荷しました。



ドイツ・ザイフェンの木のおもちゃ

category: 日記

thread: ♪♪生活を楽しむ♪♪

janre: 趣味・実用

[edit]

page top

きつねのおもちゃ

IMG_5004.jpg
私のパソコンは立ち上げた時、ヤフーのトップ画面が表示
されるように設定してあります。(はい、シロウトです)

日々、ニュースの一行見出しを目にする機会が多いのですが、

最近、ちょっと笑えたニュースを引用(元記事はこちら

「ドイツで100足以上の靴泥棒、犯人は母キツネと判明」

ドイツ西部の小さな町、Foehrenで100足以上の靴が盗まれる事件があり、
その犯人が1匹のキツネだったことが分かった。
森林作業員がキツネの巣近くにころがっていた靴を偶然発見。
さらに巣穴の中からは、最近盗まれた靴も見つかった。

地元警察は、「婦人靴からスニーカーまであらゆる種類の靴があり、
これまでのところ110─120足が見つかった。
母キツネが子どもの遊び道具にと盗んだようだ」と話している。
盗まれた靴の多くはひもがなくなっていたが、ほとんどが状態も良く、
持主は喜んで回収する意向だという。


おかあさんきつね、子どもの為に人里まで出てきて頑張ったのねー。
きつねのこどもも、おもちゃが欲しい!とダダこねたのかなー?
痛んでいないということは、丁寧に遊んでたのかなー?
でも、靴紐はどこに行ったんだろう?

ちゅか、きつねから回収した靴を
また大事に履こうとするドイツ人ってスゴイ、どこまでモノを大事にするんだ、とか。

色々、想像して楽しくなりましたとさ。

画像は、15年位前に購入し未だに電気の紐として使用中の
ネフ社のベビーボールと、子ども達が小さい頃あれこれ読み散らかした
育児関連本のなかで、一番しっくりきた松井るり子さんの「幸せな子ども」


ドイツ・ザイフェンの木のおもちゃ

category: 日記

thread: 子育て

janre: 結婚・家庭生活

[edit]

page top

クリスマス本コレクション2

img007.jpg
梅雨のさなかだというのに、季節を全く無視して
クリスマス本の紹介をするのも、どうかとは思うのですが・・・。

「クリスマスの文化史」
若林ひとみ著、白水社刊

ドイツのクリスマスだけに限らず、広く浅くクリスマスについて紹介。

ざっと目次をみただけでも
「ツリーの起源」「オーナメントに使われる、星型・楽器・ベルなどの由来」
「きよしこの夜の作者さがし」「クリスマス・ディナーはガチョウか七面鳥か」など
とっても興味深いタイトルか並びます。

ちなみに、この本によるとツリーのガラスオーナメントは
ドイツの小さな町ラウシャで19世紀前半に誕生したとか。

「旧東ドイツ時代、政府は宗教色を排除するためにクリスマスを
「光の祭典」などと呼び代え、キリスト生誕シーンのクリッペも
「ホレおばさん」「白雪姫」などのグリム童話のシーンに置き換えられた。
(同書より引用)

など、ザイフェン関連の本では触れられていない、知らなかったことが
ザクザク出てきて、へぇ~ほぉ~の連続です。

クリスマスについて、もっと知りたい方・興味のある方はゼヒ。


ドイツ・ザイフェンの木のおもちゃ






category: 日記

thread: ♪♪生活を楽しむ♪♪

janre: 趣味・実用

[edit]

page top

ちょっとだけ来た。

IMG_5000.jpg
落ち込んでも居られない。

だってクリスマスモノの一部が、ちょっとだけど来たんだもん♪
(と言う訳で、名前の分からないブルーの花はコレです。)

頭の中は年中クリスマスのおめでたいモードさっ(笑)

どれどれ、と開いてみて(この作業一番好きかも)
ちょっとだけ公開。

これは多分、日本初輸入?の松ぼっくりと削り木のオーナメント。

IMG_5001.jpg
毎年、なるべく大手の輸入商社と商品がかぶらないよう
気をつけてはいるのだけれど、やっぱり多少は重なってしまうこともあり。

これは多分大丈夫だと思うんだけど
11月とかになってみないと分からないですよねー。

まだ、検品も何も出来て無いのでshopに並べるのは先の話ですが
気になる方は、先行予約受け付けますよ~。

えっ?早すぎ?そりゃそうですね。



ドイツ・ザイフェンの木のおもちゃ

category: 日記

thread: インテリア・雑貨

janre: 趣味・実用

[edit]

page top

気分転換の仕方

P1000516s.jpg

ちょっとウツウツとした気分の一日。
(いや、そんな日もあるんです。いつも元気!なんてアリエネー)

朝からココロが折れかけてたんで、
いつもよりキチンとメイクし、多少マシな服を着て
えいっ!と人ごみに出かけました。

普段ならうるさいと思うバラバラに流れているBGMですら平気。

夏物ワンピースを買い、映画を観て、雑貨を眺め本屋さんや
輸入食品店など、足の向くままブラブラし、
こんな時は美味しいもの食べよう!と夕食用に家族の好物でもある
トンカツの材料を多めに買い、締めにブルーの涼しげな切花を。

気分転換の仕方は人それぞれだと思いますが
帰宅し、ブルーの花(名前忘れてしまった)を花瓶に、どっさり
今日の私は、これで結構立ち直れました。

気持ちが晴れない時、こうすると
ちょっとラクになる、という方法を自分で知っておくというのは
大事な事だなぁと、つくづく思いました。

画像は、実家母から添付メールで送られてきた
花盛りのメドーセージ。
タイミング良く、昨晩ヘコミまくってた私を慰めてくれました。

今日は、ホントにいつもにも増して「日記」な内容ですねw



ドイツ・ザイフェンの木のおもちゃ

category: 日記

thread: ♪♪生活を楽しむ♪♪

janre: 趣味・実用

[edit]

page top

ドイツの小さな手仕事

ドイツ旅行デジイチ 414
山田庸子さんの新刊がでました。

その名も「ドイツの小さな手仕事」ピエ・ブックス刊

NHKドイツ語講座テキストでの連載や著作「切手で旅するヨーロッパ」などで
ドイツ語圏の可愛らしい雑貨をあれこれ紹介している方で
どの本も私のツボにピッタリ。

ワタクシ的新刊は即買い!の一人です。

今回の本は、鳩時計、イースターエッグ、ガラスのツリーオーナメント
ボビンレースなど、昔からドイツで作られている伝統的職人技が
光るものを紹介しています。

発祥やいわれ、作り方などが美しい写真とともに144ページ。

IMG_4998.jpg
こちらは表紙(ツルツルの紙の感触がイマイチ。つや消しの方が良かった?)

鳩時計をつくってるおじさんの右側のノミの収納の仕方。
トップの画像(ザイフェナー・フォルクスクンスト社の公開工房内)
とおんなじだわ、と思って。

まだパラっと見ただけ。
しばらくはこれで夜な夜なじっくり楽しみましょ。


ドイツ・ザイフェンの木のおもちゃ

category: 日記

thread: インテリア・雑貨

janre: 趣味・実用

[edit]

page top

日焼け

DSC00665.jpg
夏のヨーロッパで驚くことは?

川岸や公園で、ハダカのおっちゃんがウロウロしてること(笑)

なんて事を、サッカーの試合で真っ赤に日焼けした
ドイツ語の先生(スイス人)の顔を見て思い出したので。

事前情報として「日照時間が短いヨーロッパでは
冬の間の日光不足を補うかのように夏は皆
日光浴をする」と知ってはいても、いざ目の当たりにすると
ちょっとビックリ。

正直、目のやり場に困ります。
街中の公園でパンツだけのおじさんに出会ったら
森のくまさんどころじゃありません。

日本では、日傘さすのはごく普通でも
ドイツではそんな女の人居ませ~ん。
傘は雨降りの時だけのもの。

画像はエルベ川のほとり。
あんまり美しくない風景なので、遠目から。


ドイツ・ザイフェンの木のおもちゃ

category: 日記

thread: 海外旅行

janre: 旅行

[edit]

page top

おたまじゃくしとかえる

DSC00855.jpg
おたまじゃくしが降るというニュースを見て。

ずーっと昔に読んで、とっても面白かった「かようびのよる」という絵本を思い出しました。

まさにコレじゃないか?ちょっと違う?
詳しくはリンク先を見ていただく、ということで。

絵本なんて、子どもが読むもの。
どうせ、くまさんやうさぎさんが出てきて、たのしくぬるい話を
繰り広げているんだろ?なんて思ってる方がいたら、
今すぐ認識を改めるように。←ちょっとエラそう(笑)

それと、「子どもが小さい時購入した絵本は手元においておくこと。
もう成長したから用済みとばかり、処分するのはちょっと待った!
思春期・反抗期を迎えた時、絵本は自分が小さい頃親にどれだけ
大切に育ててもらったかの証明になるので、残しておいて証拠物件として
活用しましょう」と。

これは、子育て・保育について講演をなさってる岩城敏之さんが冗談っぽく
おっしゃっていたんですが、その通りだわと思ったので。
(実際、自分の本も残しておいて欲しかった・・・)

画像は、ドイツ・ドレスデンの中心部にて。
やっぱりドイツでは、かえるといえば王子様なのよねー。
その割りに、ザイフェンのものでかえるモチーフは
ほとんど無いのですが。




ドイツ・ザイフェンの木のおもちゃ

category: 日記

thread: 海外旅行

janre: 旅行

[edit]

page top

白くまクヌート

DSC01781.jpg
ドイツ・ベルリン動物園の白くま
クヌートの映画が、この夏公開されますね。

もう、チラホラ雑誌などで紹介され始めましたので
ご存知の方も多いかも。

映画では、赤ちゃん時代から紹介されていましたが
去年の夏、ベルリン動物園で見たクヌートは既にシッカリ大人に
なっていて、水しぶきを豪快に跳ね上げ専用プールで泳いでいました。

子ども達がしきりに「クヌート!」と呼びかけ大人気で
柵の回りも人だかりが出来ていて、遠くからでも
「ああ、あそこが白くまのいるコーナーね」とすぐ分かるほど。

逆にパンダのコーナーは、あまり立ち止まる人も無く
がら~んとした様子。ギャップが大きかったです。

画像は、コーヒー豆の麻袋みたいなボロ袋をおもちゃに渡され
泳ぎながら遊ぶクヌート。近寄ると水しぶきがかかります。

*****
旅行の計画を立てる方が多い時期なのか、「ザイフェン、旅行、バス、行き方」
などで、検索してココにいらっしゃる方が増えています。

私で分かる範囲であれば、お教えできますので良かったら
お尋ね下さいね。
で、旅行後感想など聞かせていただけると嬉しいなっ♪

ドイツ・ザイフェンの木のおもちゃ

category: 日記

thread: 海外旅行

janre: 旅行

[edit]

page top

梅酒・梅シロップ・梅干し

DSC00569.jpg
そろそろ、梅仕事の時期ですね。

「梅仕事」←という言葉を去年知ったので、早速使ってみた。

手間はかかりますが、普段の食事作りと違って必要に迫られて無いので
ジャム作り同様、楽しんでできることの一つですね。

初めての年は2キロの梅干。
予想外に上出来で、あっという間に食べちゃったので翌年は4キロ。
そして年々増え続けています。

梅シロップはアルコール分が無いので、子どもも大丈夫。
夏場に炭酸水で割って梅サイダーに梅ゼリーに、あれこれ。

これも、すぐなくなるので今年は多めに。

若い頃は、全く興味なかったことも
この年になると結構な楽しみかも。
20年前の私が聞くとビックリしそうですが(笑)


画像は、ドレスデンの市場にて。
スイカやスモモにならんでインゲン豆も果物のフリをして
並んでいます。
「Johannisbeere」なんてなじみの無いものがあったので
1パック買ってホテルで試食。
すっぱくて、そのまま食べるのはキツかったです。
ジャムや果実酒にするのかな? 辞書引くと「フサスグリ」とありました。
日本語でも分からないわ・・・。



ドイツ・ザイフェンの木のおもちゃ

category: 日記

thread: ♪♪生活を楽しむ♪♪

janre: 趣味・実用

[edit]

page top

どっちに行こうかな~?

ドイツ旅行デジイチ 587

そろそろ、夏休みの計画が気になる頃。

ヤフーのトップ画面にチラチラ出てくる「夏休み海外へ」の
広告をついついクリック。

今年はインフルエンザや景気の関係で、ちょっとトーンダウン?
それでも海外旅行サイトやガイドブックを眺めるのは
楽しいもの。

暑い時期は南半球も良いかな?とニュージーランドの観光局や
バリ島のコテージでのんびりリゾートとか、妄想三昧で現実逃避。

ツアーは、お手軽ラクチンですが、個人旅行のほうが絶対楽しいですよ!

言葉?そんなモノは何とかなるし、迷子になったって
集合時間を気にしなくてすむなら、そう焦ることもありません。
なんてったって、食べたい時間にご飯を食べれるのが何より。


旅先に限らず、迷った時。
えぃっ!と行ってしまいますか?それとも石橋叩く派?

私は、どちらかと言うと思い切って行ってしまう方かなぁ。
結果、ああやって良かった!と思うのでオーライですね。

クリスマス関連モノの注文をあらかた終えて、コレで良かったのか
どうなのか、結果は年明けに出るわけですが・・・。

はあああっ、大きく深呼吸!

画像は、ザイフェンから数キロはなれたチェコの国境沿いの村の標識。

一体、どこに進めば良いのやら。

ドイツ・ザイフェンの木のおもちゃ

category: 日記

thread: 海外旅行

janre: 旅行

[edit]

page top

クリスマス本コレクション1

img006.jpg
ドイツ・クリスマスの旅
東京書籍刊

かなり昔に出た本なので、ご存知の方・お持ちの方も
多いと思いますが。それでもあえて。

ドイツのクリスマスマーケット、アドベントカレンダー、習慣などについて詳しく
紹介されています。

日本で普通に出版されている&ザイフェンについての
記述がある本。

ガイドブックには、最近ちょこっと掲載されることも増えてきましたが
ザイフェンが数ページに渡って紹介してある本は、数えるほど。

ネットでの情報も少なく、ドイツ語サイトにいけるほどの知恵も無い
初心者の頃には、この本が頼りでした。

最近でも時々、読み返してみては「あら、表紙のシュヴィップボーゲンは
クラウス・コルベ工房、裏表紙はリヒャルト・グレーザーだったのね」と
新しい発見があります。

どのページも写真がキレイ。
ガイドブックとして使うには実用的じゃないけれど、ドイツのクリスマスを
知るには一番のオススメ本です。


ドイツ・ザイフェンの木のおもちゃ

category: ザイフェン村について

thread: ホビー・おもちゃ

janre: 趣味・実用

[edit]

page top

年中クリスマス

IMG_2940_20090601135659.jpg
「Im wunderschon en Monat Mai」
=「美しき5月」と言われた月も終わり、今日から6月。

ザイフェンの様子を見ることが出来るライブカメラでも、新緑がキレイで、
とっても良い季節。

全く季節はずれだわ、とshopの商品表示からはずしていた
クリスマス関連のものについて、結構お問い合わせをいただいたり
検索でいらっしゃる方が多いので、もう在庫のあるものに関しては
シーズン外でも出しっぱなしにしておくことにしました。

季節感なんてナシ!
梅雨時も七夕も海開きもお盆も花火も、関係ナシ。

ほら、ドイツ・ローテンブルクにも「ケーテ・ウォルハルト」という有名な
クリスマスショップがあるじゃないですか。
(イヤイヤ、同列にしていただくのは恐れ多い)

まぁ私自身、年中クリスマス関連のグッズは気になって探してるし
同様の方もいらっしゃるようだし、で思い切って。

そうたくさんはありませんが、キャンドルスタンドオーナメントあたり
よろしかったら覗いてみてくださいな。




ドイツ・ザイフェンの木のおもちゃ

category: 日記

thread: ホビー・おもちゃ

janre: 趣味・実用

[edit]

page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。